風を見たくて

日々雑感

悲情城市0

Posted by TOMY in 映画 (水曜日 5月 24, 2006 at 4:21:18)

悲情城市
紀伊國屋書店 (2003/04/25)
売り上げランキング: 4,880
おすすめ度の平均: 4.43

5 私たちは台湾のことを知らなすぎた。
5 静かな悲しみと怒り
4 アジア映画を見るきっかけ

GWに訪れた九イ分でロケを行ったという映画。九イ分のシーンは思ったより少なかったが、それでもこれはあの辺りだなというのがよくわかった。
日常の中国語に日本語が混じったり、上海人と台湾人が広東人の通訳を介して話すシーンがあったりと、興味深い。
映画は日本の玉音放送から始まり、次第に対立を深めていく台湾と中国の様子を描く。日本に対してはかなり好意的に書かれているのが印象的。


TrackBack URI:

No comments for 悲情城市 »

No comments yet.

Leave a comment

(required)

(required but not published)

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

 
RSS
Atom