風を見たくて

日々雑感

古代都市ボスラ、シリア(Ancient City of Bosra, Syria) ー世界の遺産から0

Posted by TOMY in 世界の遺産から,æ—…è¡Œ (日曜日 8月 4, 2013 at 15:32:42)

登録名 古代都市ボスラ

登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (3), (6)
登録年 1980年
備考 危機遺産(2013å¹´ – )

シリアもすっかり行きづらい国になってしまった。しかし、自分にとっては生まれた国であり、ホスピタリティの素晴らしい国であったので、世界遺産を紹介するにあたってまずこの国から始めたい。

ローマ劇場

ローマ劇場

シリア南部の町ボスラには、保存状態のいいローマ劇場がある。そんな前評判を聞いていたので、2008年に中東を旅行した際、ヨルダンからシリアに入る際に足を伸ばしてよってみる事にした。

ヨルダンとの国境の街ダラーについたときには、すっかり暗くなりかけていた。仕方なく、声をかけてきたタクシーで、ボスラの街まで行く事にした。タクシー代は少し高めだったけど、親日的で途中運転手が時分の知り合いの家の前で止まり、お茶を御馳走になり、思いがけず庶民の生活を垣間みれる機会となった。コンピューターエンジニアだというと、大変な尊敬を持って迎えられた事が意外だった。

ボスラの街につくとすっかり暗くなっていて、人気もそれほどない。これから宿探しをしようにも、方角すら分からない。街には1軒、5つ星のホテルがあるが自分には高過ぎた。しかし、あまり他に宿はありそうもない。あわや野宿かというところで、ドライバーが一人の男と話を付けてきた。レストランで寝かせてくれるという。男は、どうもそのレストランの従業員で、体の良い小遣い稼ぎということらしい。見せてもらったが、清潔感もあり、横になって寝られるようなベンチもクッションもあったので、一晩を過ごす事にした。

保存状態の良い舞台

保存状態の良い舞台

翌朝起きてみると、前日はよくわからなかったが泊まったレストランは、ボスラの遺跡の広場に面している好立地なだけでなく、ぶどうのツタなどが絡まっていてなかなかおしゃれな店だった。昨日の男が来ると、街のガイドをしきりに申し出てきたが、それが必要なほどの大きさの街でもないので、断って一人で歩く事にした。

見所は何と言っても、シタデルと、ローマ劇場である。幅は100m程度と、エルジェムなど他の遺跡に比べるとだいぶ小さい印象であるが、ここの遺跡は保存状態が非常に良いのが印象的だ。舞台のの3階建てになっている部分も綺麗に残っている。37段あるといわれる観客席には、立ち席も入れると9000人もの観客が入る事ができたという。1800年以上経った現在でもコンサートなどで使われる事があり、黒玄武岩で構成された遺跡は音響的に優れるという。

このようなローマ劇場や円形闘技場は、近隣のヨルダンのアンマンやジェラシュはもとより、地中海沿岸一帯に残っているが、これこそローマの「パンとサーカス」という施策が、地中海沿岸に渡って、展開されていた事を物語っている。

 

カリベと呼ばれる門に続く道

カリベと呼ばれる門に続く道

このボスラの遺跡であるが、現在内戦状態である事から、2013年にはユネスコから危機遺産に認定されている。

この国が早く平和に戻り、再び訪れる事ができるようになる事を祈ってやまない。

E04 地球の歩き方 ヨルダン/シリア/レバノン 2012
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 99,354

TrackBack URI:

No comments for 古代都市ボスラ、シリア(Ancient City of Bosra, Syria) ー世界の遺産から »

No comments yet.

Leave a comment

(required)

(required but not published)

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

 
RSS
Atom