風を見たくて

日々雑感

世界遺産検定を受けてきた0

Posted by TOMY in æ—…è¡Œ (日曜日 6月 28, 2009 at 22:27:42)

今日は世界遺産検定というのを受けてきた。仕事の知識を体系的に手っ取り早く吸収するために資格試験を利用することもあるが、今回の資格に関しては完全に趣味。

世界遺産誕生のきっかけとなったアブ・シンベル神殿(2008/12撮影)

世界遺産誕生のきっかけとなったアブ・シンベル神殿(2008/12撮影)

結構な数の世界遺産を回っている気がしてしていたのだが、きちんとカウントしてみると30強といったところ。これは、ガイドブックに載っている遺跡などが、必ずしも単独で世界遺産と認められているわけではなく、一定地域の複数の遺跡がひとつの世界遺産として認定されているためである。

調べてみると、世界遺産は2009/6現在で

  • 文化遺産 679件
  • 自然遺産 174件
  • 複合遺産 25件
  • 計878件もある。毎年二桁のペースで増えていることを考えると、死ぬまでに全部回るのはとても無理そうである。


    それでも、世界遺産を巡るのをライフワークとしたいと思った。昔は寺社を巡っても退屈なだけだったが、背景を理解できるようになったり、遺跡をいくつか回るようになってから、まったく違う地域のの差異や類似点がわかるようになってきて、人類に普遍的なもの、変わりゆくものというのが少し見えてきた気がするからだ。
    全部見るのが無理なのならば、全体の体系を押さえて、死ぬまでに本当に行きたいところを訪れよう。

    世界遺産検定はそうした目的のために、体系を学ぶのにはいい機会である。もちろん、最上級のマイスターを目指す。今回はその取っ掛かりとして、2級を受験。

    で結果はというと、自己採点では合格。全60問あるが、マークシート形式なので30分もあれば、解き終わる。受験者は少ないと思いきや、会場には結構な人が来ていた。年配者が多いかと思いきや、学生も多い感じ。体感としては、TOEICと同じくらいの世代分布だろうか。
    資格といいながらもその勉強は楽しい。テキストは、美しい写真が満載で、眺めているだけでもトリップできる。世界遺産に関しては、テレビでもよく取り上げられるし、いくつかDVDが出ているので、それらもいい教材になる。
    試験対策として実用的な話も書いておくと、テキストは以下の2冊を使用。問題集からは殆どそのままの問題も出たのでやっておいた方がいいだろう。

    出題比率は

  • 基礎知識 20%
  • 日本の遺産 25%
  • 自然遺産 10%
  • 文化遺産 35%
  • その他 10%
  • となっているので、比較的範囲の狭い、基礎知識と日本の遺産をしっかり押さえておくことが肝要。
    自然遺産、文化遺産に関しては、何しろ900近くあるので網羅するのは困難。傾向としては、時事的な情報(近年追加された遺産、除外された遺産、危機遺産)が出やすいので、詳細に押さえておいた方がいい。また、その他のところで無形遺産に関する問題は必ずといっていいほど出る。

    自然遺産、文化遺産に関しては、小学館から出ているNHKの世界遺産100が主要な遺産を押さえており、なおかつ1つ1つが長すぎないので、お勧め。

    世界遺産検定公式過去問題集2008年9月 2級・3級編 (世界遺産検定)
    NPO法人 世界遺産アカデミー[編著] 世界遺産検定事務局[編著]
    毎日コミュニケーションズ
    売り上げランキング: 7545
    世界遺産検定公式基礎ガイド 2009年版 (世界遺産検定)
    NPO法人 世界遺産アカデミー 世界遺産検定事務局
    毎日コミュニケーションズ
    売り上げランキング: 11344
    NHK世界遺産100〈第1巻〉ヨーロッパ1―ベネチアとその潟(イタリア)ほか (小学館DVD BOOK)
    小学館
    売り上げランキング: 178549
    おすすめ度の平均: 5.0

    5 TBS版よりも良いと思う
    5 見てて癒されます
    5 お勧めです☆
    5 全部揃えたくなりますね。

    小学館DVD BOOK NHK世界遺産100 3アジア・オセアニア
    小学館
    売り上げランキング: 280196
    おすすめ度の平均: 5.0

    5 気軽に楽しみたい方にオススメ!


    TrackBack URI:

    No comments for 世界遺産検定を受けてきた »

    No comments yet.

    Leave a comment

    (required)

    (required but not published)

    RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

     
    RSS
    Atom