風を見たくて

日々雑感

キューバ雑感0

Posted by TOMY in æ—…è¡Œ (日曜日 1月 2, 2011 at 11:29:30)

旧市街に宿をとろうと、カサパティクラルを訪ねてみたが、どこも一杯。何件目かに訪ねた宿の兄ちゃんが、電話をかけたりして懸命に探してくれる。それでも空きがなく、一緒に探し歩いてくれることに。訪ね歩く宿でも空きがなくて、電話して探してくれる。最初は、コミッション目当てでやってくれているのかと思ったら、行く先々皆そうなので、どうやらみんな善意で懸命に探してくているようだ。
一軒空きが見つかったが、価格面で折り合わずにいたら、一軒のカサパティクラルのおばさんが、自分の親戚なのか民家を紹介してくれた。

朝、街を歩き始めようとしたところ、上から唾が降ってきて、Tシャツが汚れた。それを見ていた老夫婦が、ジュースを買ってこれで洗いなさいと傾けてくれた。朝から嫌な気分になったが、一方でそれを打ち消すような善意に出会えてよかった。日本人だからと狙って唾をかけてきた訳じゃない様だが、したを歩いている人のことなど考えないこの民度の低さは考えものだ。

空港に向かおうと、一旦宿に戻って荷物を詰め替えていると、サイドポケットにいれていたヘッドホンがなくなっていることに気づいた。最初はパラデロのホテルに忘れたかと思ったが、替えのシリコンまでなくなっているところまでみると、完全に抜かれている。これでは問い詰めても出てこないだろう。旅のはじめに買った役2000円がパーである。

結局キューバは、殆どまともにインターネットが使える環境がなかった。

パラデロにて0

Posted by TOMY in æ—…è¡Œ (土曜日 1月 1, 2011 at 11:28:12)

パラデロでは、ダイビングをしようと申し込みに行ったら、隔日でしか行っていないとの返事。ツアーデスクに行って他のダイビングサービスがないか調べて電話してくれと頼んでも知らないとのこと。仕方がないのでフロントで30分5CUCという馬鹿高いインターネットのプリペイドカードを買ってサーチエンジンを調べてみたところ、他に2件のダイビングショップがあることがわかった。しかし、電話番号まで出て来なかった。
30分も経ち、これでは無理そうだと、諦めてビーチにいくことにした。こういうところのサービスの悪さはやはり社会主義国の限界を感じてしまう。

せめてもと、カメラをセットアップしてプライベートビーチをシュノーケリングで、撮影することに。
ゴツいカメラを持っていると、明日カタマランで沖合いに出てシュノーケリングしないかと、ビーチサービスの男が声をかけてきた。ここまできて潜らないのも癪なので、申し込むことにした。また、彼の方らをみるとカイトがあったので、思い出して、カイトができないかと聞いて見たところ、出来るが明日の午前中はガスティーで難しいとのこと。せめてカイトだけでもと思ったが、それもかなわず。

さて素潜りをしてみると、タンクをしょってのダイビングに慣れているので、中々息が続かない。それでも何度か繰り返していると、段々コツを得て、余裕を持って撮影できるようになってきた。

結局さして珍しくもない魚とエイを数匹撮っただけ。

翌朝、朝からビーチでカクテルを飲みながら日光浴。やがて10時になると声がかかったので、カタマランに乗って沖合いへ。客は自分一人だけだった。沖合いには数艇他のカタマランがおり、スノーケリングしている客がいた。

水深5m程度、ダイビングに慣れている立場からなんてことない風景だが、餌付けされているだけあって魚影が濃い。餌を持ってなくても、潜っていくと魚の方からよってきて取り囲まれる。数ショット撮って30分くらいで終了。一時間半くらいとの話だったが、コレでその時間引っ張るのは無理と思って、了承した。その代わり、チップもなし。

 
RSS
Atom