風を見たくて

日々雑感

千葉の潜水事情0

Posted by TOMY in 雑記 (木曜日 8月 21, 2008 at 7:38:19)

富津にカイトボードにいって、塩出しのために近くの宿の風呂に行ったときのこと。話がダイビングに及んだときに、風呂に来ていたおじさんが話にのってきた。よく効くと潜水士で、地元で漁をしている人だという。
その日も朝から潜ってひと仕事を終えてきたところという。儲かるときには一日一潜りするだけで8万円儲かったらしいが、今はさっぱりらしい。燃料費高騰のあおりはないものか聞いてみたところ、近海だからそれほど影響はないとのこと。
折角のプロに聞けるチャンスなので、ここぞとばかりにいろいろ聞いてみた。富津岬沖は海流があるので、視界は5m以上は余裕であるとのこと。また、最近は減圧症はめっきり少なくなったが、プロでも体調が悪かったり二日酔だと耳が抜けないことがあるとのこと

カイトボーディング~!!カイトボーディング~!! はコメントを受け付けていません。

Posted by TOMY in カイトボーディング (日曜日 8月 17, 2008 at 20:34:16)

富津

昨日とは打って変わって、どよーんとした曇り空。昨日のヨットの疲れもなんのその、5時に起きて6時過ぎには家を出て、電車で富津に向かう。今日はカイトボーディングの体験だ。気が付けば、遊びに全力投球になってきている・・・。
富津まで電車で約2時間、アクアライン経由の高速バスもあったが、時間的にあまり変わらないので、トラブルが少なそうな電車で行くことに。慣れてきたら、回数券で割引の使えるバスも検討しよう。降車した青堀は、よくある田舎の駅。なんとSuicaが使えなかったので、現金清算。
駅から歩くこと10分。本当にこの方向で正しいのか不安になるような田舎風景を歩くと、ショップがあった。
ショップにはトランポリンなどもあって、結構本格的。オリンピックやカイトボーディングの映像を見ながら他の客を待っていると、先ほど駅で僕の前に清算をしている人がやってきた。その後、もう一人来るという人を待つが来ず、そのままショップの車で海に。
今日は北風ということで、北の浜に。このシーズンは主に南風ということで、普段は南の浜でやっているらしい。今回わざわざ遠くの富津を選んだのは、わざわざ交通費をかけていくのに、現地で都合のよい風が吹かないというリスクを勘案した結果だったのだが、その判断が吉と出たわけだ。
浜に着くと、いくつかのカイトが既に上がっていた。滑り出す前に、カイトを安定させている様子は、「ライラの冒険」のダイモンみたいというか、みんなが自分の真上にペットを連れて歩いているようなそんな不思議な光景だった。第一印象は、カイトってこんなに安定して浮かしておけるんだという驚きであった。
最初は練習用の3㎡程度の小さなカイトでの練習。凧のイメージとはまったく別物で、引っ張られるだけではなく、結構安定した状態で留めておけるものだし、左右のコントロールもそんなに力は必要ない。小さいといっても結構パワフルだし、手元のコントロールだけで大きく引きずられるくらいのパワーも生むことができる。どうしても力が入ってしまうが、割とすぐに8の字を描けるようになった。
ついで、ハーネスをつけて7㎡程度のボーディング用のカイトでの練習。さすがに引っ張る力が大きいが、ハーネスをつけている分力はそちらで受けて、コントロールバーは操作だけに集中できる。セーフティシステムもよくできたもので、コントロールバーを離してしまえば安定する。ただ、気持ちとしては咄嗟に引き込んでしまうものなので、この点は心に銘記しておかねばならない。8の字の操作は、風を受け始めたら大きくはらむ前に早め早めにコントロールバーを切るという点は、セーリングにもにていると思う。
最後はボディドラッグ。遠浅の海にうつ伏せになりながら、カイトを操って引きずられて前進する。左右の力の込め具合で強力に前に進むので、ボートに乗った際に立てるのもわかる気がする。これでボードに乗ったら楽しいだろうなと思う。
初日としては、これだけ。大きなトリックをしている人はいなかったけど、風が吹くとフワッと浮く場面が何度か見られて、やはりあのエアー感は魅力的に感じた。
ウィンドサーフィンなどに比べて上達が早いらしいし、如何せんまだ認知度の低いスポーツなのでやっている人も少なく、当日ゲレンデで滑っている人のレベルを見ても、相対的にそれなりのレベルにはいきやすいのかなと感じた。
問題は道具と足。道具はやはり一式を揃えると20万円程度からとそれなりにかかってしまうし、セーフティシステムなど近年の発達が著しいようなので、中古よりも新しいモデルのもののほうがよいようだ。ただ、ウェイクとかと違って道具さえあれば、ガソリン代がかからない点は魅力か。また、駅からも結構距離があるのでやはり車が必要。都内の駐車料金を考えると、レンタカーをうまく使ったほうがリーズナブルか。うまいこと仲間を見つけてシェアできるようになるとよいのだけど。

セイリング~!0

Posted by TOMY in 雑記 (土曜日 8月 16, 2008 at 21:23:20)
曇り空の八景島シーパラダイス

日本で台風が発生したということで、今日は無理かなと思っていたものの。朝起きたら、東京は晴れ。八景島は、朝のうちは曇っていて今にも降り出しそうだったものの、徐々に晴れてきた。昼にはいつもすいているレストランも30分待ちというくらい、八景島パラダイスも込んでいた。

天気にも風にも恵まれ、なかなか気持ちよいセーリングだった。無意識に思うように操船できるようになり、また同レベルの仲間もいるので、刺激をもらいつつ楽しめるようになってきた。

Google ストリートビュー0

Posted by TOMY in 雑記 (木曜日 8月 14, 2008 at 7:52:56)

各所で話題になっているGoogle ストリートビューうちはかなり細い通りを入ったところにあるのに、家のまん前までちゃんと写真が載っていたのにはびっくり。とすると、知らないうちにこんな車がうちの前を通っていたわけだ。

無音の世界0

Posted by TOMY in 雑記 (水曜日 8月 13, 2008 at 12:30:02)

世界を変えるケータイで触れた、Wadi Lamに言ったときのこと。トレッキングは午後からで、それまでの午前中の間、ガイドとキャンプの近くを散歩することにした。ガイドは、ソロモン。ソロモン王のソロモンだと名乗る。元兵士ということでガタイもよく、ベドウィンではなく出稼ぎで働いているようだ。
岩砂漠をひたすら歩く。気温は40度前後あるはずだが、風もあり、湿気がないので思いのほか快適。砂砂漠と違い、若干植物もあり、トカゲもいるし、鳥も飛んでいる。
ただ1時間ほど歩いて岩陰で休息を取ったときのこと。あたりはまったくの無音の世界に包まれた。目の前には雲一つない青い空と、岩山があるというのに、まったく世界が止まってしまったかのような静寂に包まれている。いや、静寂を通り超えて、無を感じた瞬間だった。聞こえるのは、ただ自分とソロモンの呼吸音だけ。初めて体験する不思議な経験だった。サハラ砂漠にもいったけど、ラクダがいたためか、無音の世界という体験はなかった。

午後に、トレッキングで一緒になった老夫婦のコニーにそのことを話したら、彼女はスカイダイビングで無音を経験したという。

日本に帰ってみると、改めて無音に包まれた環境というのを感じられない世界だと思う。

次ページへ »
 
RSS
Atom