風を見たくて

日々雑感

痴呆国家0

Posted by TOMY in 雑記 (日曜日 11月 26, 2006 at 1:54:51)

きっこの日記で知った「子どもへの方策」。首相官邸ドメイン下にあるドキュメントにしては突っ込みどころ満載。

何かの議事録みたいに、でた意見をそのまま書きとめたもののような雰囲気だが、あまりにも常識的なことのほか、あきらかにトンデモなものもある。こんなドキュメントが官邸ドメイン配下にあるなんて、日本も北朝鮮のことを笑えない。

  • 団地、マンション等に「床の間」を作る
  • 教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる
  • 子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう
  • バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う
  • 文部省、マスコミが1、2週間程度学校で過ごす
  • 遠足でバスを使わせない、お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする
  • <小学生><中学生> 簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
  • <高校生> 満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける
  • 名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する
  • 結婚式0

    Posted by TOMY in 雑記 (金曜日 11月 17, 2006 at 19:11:07)

    今日は従兄弟の結婚式であった。

    ビデオ撮影役を頼まれたので、ハイビジョンデジタルのビデオカメラと三脚を用意して臨んだ。とはいえ、ビデオ撮影は全くの素人。何とか取説にざっと目を通して臨んだものの、テクニカルなことは全く分からない。いざやってみると、テレビや映画のカメラマンのやっていることの凄さとが良く分かる。

    十年振り以上に会った従兄妹達はみな大人になっていて、ちょっと驚き。

    ウエルカム ネパール レストラン0

    Posted by TOMY in 食 (月曜日 11月 13, 2006 at 23:30:17)

    SN340133.JPG
    SN340133.JPG
    以前から気になっていた、ネパールレストランへ。店に入ったとたんに、これだと思わせる香りと、感じの良いウェイターが迎え入れてくれる。
    店内はほかに常連と思しき1グループだけだったが、中東系、フィリピン人、その他、国籍不明のアジア人と、「男がいないのよ」と繰り返している日本人のおばさんという濃い人たち。
    ネパールビールのエベレストとコースを頼むが、コースはカレー二種類に、ライスとナン、サラダとアチャル、ラッシーとかなりお腹いっぱいになる内容。ナンは、若干脂ぎっていて、また薄さにムラがあるため、パリパリのところとふっくらしたところの差が大きい。そういった意味では、ナンはヒマラヤの方が上。

    Google―なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか0

    Posted by TOMY in 書籍 (日曜日 11月 12, 2006 at 23:25:31)
    Google―なぜグーグルは創æ¥6年で世界企æ¥ã«ãªã£ãŸã®ã‹
    嶋田 淑之 中村 元一
    毎日コミュニケーションズ
    売り上げランキング: 160834
    おすすめ度の平均: 2.0

    1 残念!
    1 タイトルと内容のが乖離している
    3 よくまとまった本だと思います

    Googleを最初に知ったのは、まだ日本語版のβが始まったばかりのころだった。シンプルなトップページという、それまでのサーチエンジンに特徴的だったディレクトリ式の項目が並ぶページとはまったく違う構成と、情報の新鮮さ、検索精度の高さは驚異的で、すぐにブラウザのスタートページに設定したものだった。そのGoogleもググるという言葉とともにすっかり定着するとともに、Gmail、Google Mapsなど次々と常識を覆すサービスを発表し続けている。かつて、Googleのバックボーンシステムについて書かれたドキュメントの和訳などもしたが、改めてその強さの源泉を知りたくて手に取った。
    内容としては、期待はずれ。多くのビジネス書がそうであるように、多角的な分析や節目となる出来事を追ったストーリーが展開されるかと思いきや、あまり適切とも思えない例をあげてつらつらと語られていたりして辟易する。一応、日本法人には取材はしているようだが、消化不良な感じだ。米本社に関しては、取材すらしていないのだろう。何枚もの壁越しに聞いたような書き方で、そこから導かれる結論もなんとも心もとない。
    本社への取材もそうだが、そもそもGoogleの提供する個々のサービスについての分析がされていないところが、片手落ちというか、両手落ちである。また、ほとんど数値データらしいものが取り上げられていないというのも、この本を貧相にしている原因であろう。

    台湾ラーメン+大蒜チャーハン – 味珍(広小路店)0

    Posted by TOMY in 食 (日曜日 11月 12, 2006 at 21:53:09)

    willcom021.jpg
    willcom022.jpg

    教えてもらった店その2。こちらは、以前一度来たことがあったが、準備中で食べられなかった。行列ができる店ということで、込みそうな時間を外して、開店して間もない時間に行ってみた。
    1時間ほど前にうどんを食べたばかりというのに、人気メニューという話の台湾ラーメンと大蒜チャーハンを注文。両方500円也。
    店内は奥に座敷もあるようで、思いのほか広い。カウンター席に座ると、作っているところがよく見える。最初は気づかなかったが、良く聞いていると、厨房の男性3人は中国語を話している。待っている間、W-ZERO3[es]を出してブラウジングしていたら、興味深げに見ていた。
    チャーハンは日本人好みのふっくらチャーハン。台湾ラーメンは、小さめだが、2品頼むにはちょうど良い大きさ。大盛りにすると結構あるらしい。唐辛子の辛さが心地よいが、スープはあっさりしすぎていてコクがないように感じる。
    何を食べてもうまそうな店なので、少しずついろいろなメニューを開拓してみようと思う。

    « 前ページへ次ページへ »
     
    RSS
    Atom