風を見たくて

日々雑感

一日を二倍使える幸せ0

Posted by TOMY in 雑記 (水曜日 5月 24, 2006 at 3:01:17)

久しぶりに定時に帰宅。
本を2冊読んで、先日購入した「悲情城市」のDVDを見て、さらに語学の勉強をしても時間が余る。一日がこれだけ長いと捗る。せめてこれが先週であればよかったのに。

モンキームーンの輝く夜に0

Posted by TOMY in 書籍 (火曜日 5月 23, 2006 at 23:00:33)
モンã‚ームーンの輝く夜に
たかの てるこ
幻冬舎 (2003/03)
売り上げランキング: 47,178
おすすめ度の平均: 3.93

5 ほろりときました
5 ピュアなハートギンギン♪
5 紀行文だが、恋愛進行記でもある。なかなかよろしい!!

「ガンジス河でバタフライ」という本が、とあるサイトで紹介されていて、その表紙のインパクトで読んで見ようと思ったのだが、図書館では貸し出し中だったので、同じ著者の本を借りてみた。
カンボジアでも現地の男と懇ろになってしまった日本人女性は結構いたけれども、著者も最初は不本意ながらもラオの男に惹かれてしまう。どうも最近では、ピュアで一途でストレートに愛情表現する、穢れなき少年のような男がもてるらしい。

さはともかく、ラオスという国に今のうちに行ってみたいと再実感したのであった。

侯孝賢監督作0

Posted by TOMY in 雑記 (月曜日 5月 22, 2006 at 22:11:54)

侯åè³¢
台北で行った九イ分が舞台になっているという映画「悲情城市」が見たくて、DVDを探したがレンタルにない。で、ヤフオクを探したら、「戯夢人生」も含む侯孝賢監督の特別パッケージがあったので、買ってみた。

台湾正規版という触れ込みで、フィルムパッケージだったので、コピー版じゃないだろうと思っていたら、こんなのだった。

スキャンしてOCMで読み取ってから再度レイアウトしているのだろうが、「レンタル」が「レソタル」とか、「ドルビー」にいたっては「ドビル」になってるし。

パッケージの中もベルベット使用になっている割には、のり付けが中途半端で、日本じゃちょっと考えられない荒いつくり。まあ、ディスクの方は見ることは見れそうである。

以下は、ちゃんとした日本版

レイラの終わらない戦争 - 報道されなかったイラク人女性たちの本音!0

Posted by TOMY in 書籍 (月曜日 5月 22, 2006 at 21:59:47)
レイラの終わらない戦争 - 報道されなかったイラク人女性たちの本音!
草薙 厚子
光文社 (2003/05/23)
売り上げランキング: 273,997
おすすめ度の平均: 5

5 イラク戦争での本当の犠牲者を知る

イスラム世界で虐げられる女性を描いた作品としては「アフガン零年」なんかがあったが、この本も女性に焦点を当てて取材されている。全体的には、イラク女性の生活を取材している箇所と、ケミカル・サリへのインタビュー以外は取り立ててジャーナリスティックというわけでもない。

アフガン零年
アフガン零年

ビデオメーカー (2004/11/26)
売り上げランキング: 12,804
おすすめ度の平均: 4.83

5 タリバンは男根主義
4 うだうだ言わず、つべこべ考えず
5 子供の悲しむ姿はつらい

留守電0

Posted by TOMY in 雑記 (金曜日 5月 19, 2006 at 1:34:20)

留守電を聞いたら、えらいカタコトの日本語が吹き込まれていた。しゃべり方は中国系だけど、ところどころベトナムとか言ってるし、
ベトナムであった人?とか思っていたら、どうもASIA MILEにベトナム航空に乗ったときのマイルの事後加算方法を問い合わせてたのの回答だったようだ。ASIA MILEの主幹はキャセイだったはずだから、その職員なのかな。
メールで問い合わせたのに、電話で帰ってきたのでびっくり。

« 前ページへ次ページへ »
 
RSS
Atom