風を見たくて

日々雑感

肌で感じる経済0

Posted by TOMY in 雑記 (土曜日 11月 6, 2010 at 6:35:33)

僕が頻繁に海外に行く目的のひとつとして、その国の経済を肌で感じるということがある。本やテレビを見ているだけでは分からない、そこからアップデートされた現実がいつもそこにある。
例えば、グラミンフォンで知られるようになったバングラデシュ。かつてはグラミンレディーという女性が、時間貸しの電話を持って村々を回っていた(今も回っているかもしれない)が、僕があった学生は決して裕福でなかったが、動画も取れるケータイを持っていた。
バングラデシュは少し前まで一人当たりGDPが$360程度、つまり1日の稼ぎがちょうど$1程度だった。この国で感じたのは、よくBOP(Bottom of Pyramid 最貧層)というと1日$1で暮らしているなどというが、実際にはダッカには高級車も多数走っていることを考えると、実際にはこの平均値を支える大多数の人々はもっとずっと少ない収入でやりくりしていると言うことだ。もちろん、GDPという数字の出し方や、BRACなどのNGOに拠るところの大きいこの国の事情もあると思う。
(more…)

今週から大崎0

Posted by TOMY in 雑記 (金曜日 12月 4, 2009 at 12:26:58)

今週から大崎勤務です。近くの方、ランチでも行きましょう。

バングラデシュからのメール0

Posted by TOMY in 雑記,æ—…è¡Œ (火曜日 12月 1, 2009 at 3:36:02)

Hayatバングラデシュから一通のメールが届いた。9月にインド国境に向かうバスで隣り合わせた少年からだった。

彼のことは忘れもしない。何故なら、僕と同じ名前だったからだ。僕の名前は、アラビア語とダブルミーニングだから、イスラム国であるこの国で、同じ名前の人に会うのは意外ではないが、アラブでは女性の名前ということなので、相手が少年なのが意外だった。

少し年の離れたお姉さん(結構美人!)と、1,2才年上のお兄さんと、お母さんとバスに乗り込んできて、僕の隣に座った。なかなか聡明そうな顔をした少年で、きれいな英語を話す。英語が通じるとわかると、いざ実践のとばかりに矢継ぎ早にいろいろな質問をしてきた。

「どこから来たの?」

「どこへ行くの?」

「宗教は?」

「名前は?」

名前を聞いたところで、同じ名前なのでお互い驚いてしまった。

ひとしきり質問が終われど、バスは走り続ける。もてあました時間は、こういうときのために持参している折り紙で折り鶴を教えてあげることにした。折り始めると、周りの大人たちも興味深げに除きこむ。折鶴の最後のプゥーと空気を入れるところは象徴的で、子供に受けがいい。最初はなかなか上手くいかないけれど、センのいい子はすぐ覚えてしまう。周りの大人は英語をしゃべれないから、彼がいっぱしの口調で通訳をしたりする。

バングラデシュでは、とりわけ大学生がよく話しかけてきた。みな親切で礼儀正しく、時に食事に招待してくれたり、飲み物を奢ってくれた。バングラデシュは世界でも腐敗した政治で有名だけれど、彼らは自分達の国に誇りを持ち、海外に勉強しに行く夢、この国のために貢献する夢を語ってくれた。日本でいうと明治維新の若者のような感じかもしれないと思った。今のわれわれと違うのは、自分達がこの国を背負っていくのだという主体性があることだろう。

この少年も、きっとこの国を変えていく、そう思いながら、メールに返信を書いたのだった。

ひとつのはじまり、ひとつのおわり0

Posted by TOMY in 雑記 (月曜日 11月 30, 2009 at 23:39:24)

一年以上勤めた現場を離れることになった。その間にいろいろ旅行にも行かせてもらったし、人間関係も最高にいい現場だったけれど、居心地のいいところにとどまっては駄目だ、と自分に言い聞かせ、なんとか無理をきき入れてもらった。

振り返ってみると、次第に自分のやり方で進めることもできるようになり、本当に居心地がいい一方、まだまだこんなもんじゃないという消化不良の部分も多かった。アドレナリンが出ているのが分かるような、そんな試されているような瞬間はなかったと思う。やはり、すっかり手馴れたことを上手くやるよりも、旅と同じで未知のフィールドにこそ面白みがある。

帰りがけに思いがけず、職場の方々から寄せ書きをもらった。こんなこと今までなかったので、本当に嬉しかった。

前にも何処かで書いたかもしれないが、いろいろな国を旅して、最初に覚える言葉、旅を終えて時が経ってもすぐに出てくる言葉はいつも「ありがとう」だった。単に言葉を覚えるだけではなく、多くの人の好意を受けて旅する中で、心底ありがとうといえるようになったように思う。今日何回ありがとうといっただろうか。

振り向かない。また新しいチャレンジのため、今日の多くの人の厚意を糧として前進あるのみ。

バングラデシュでフェリー転覆0

Posted by TOMY in 雑記 (日曜日 11月 29, 2009 at 0:55:27)

バングラデシュでフェリー沈没とのニュース。僕が今年にいったときにも下記の写真のような状態だったので、まあいつ転覆してもおかしくはない。

ショドル・ガット、こぼれんばかりに人を乗せたフェリー

ショドル・ガット、こぼれんばかりに人を乗せたフェリー

« 前ページへ次ページへ »
 
RSS
Atom